読変日記 -DocHEN Diary-

作曲家・プロデューサー細井聡司の日記やら駄文やら。

‘3DS’ タグのついている投稿

Nintedo Direct 2015.1.14

2015 年 1 月 15 日 木曜日

どうも、チンクルの生まれ変わり、細井です。

ニンテンドーダイレクトが行われていたことをトゥイッターで教えてもらうという任天堂信者にあるまじき失態。
ということで1日遅れで観てきました。

ニュースサイトじゃないので公平な記事は書きません(^^;。ぼくが個人的に興味持ったところだけ書きますね。

■amiibo x スーパーマリオ
http://www.nintendo.co.jp/amiibo/
01_amiibo
マリオ、ルイージ、キノピオ欲しい。amiiboとゲームの連動要素についてはまだまだこれからという感じですけど、普通にフィギュアとして欲しいわ。サムスもカッチョいいよね。 (さらに…)

LINEで送る
Pocket

3DSのテーマとバッジで遊ぶ

2015 年 1 月 10 日 土曜日

LINEのスタンプすら買った事のない課金嫌いのぼくですが、3DSテーマと「バッジとれ~るセンター」に課金してしまいました。

まずテーマ。ちょっとしたギミックがあったりBGMやSEも変わったりとなかなか凝っていますが、1個200円はちょっと高く感じます。100円ならもっと欲しくなるんだけどな。
3DSテーマ

New 3DSの着せ替えとの連携が魅力的で、より一層自分の3DSに愛着が沸きそう。ぼくのは普通のLLだけど、New 3DS LLにも着せ替えができるようになったら買い替えたい。
3DSテーマサイト

ちょっと不満なのは、3DSのホーム画面って結構アイコンで埋め尽くされていて空きスペースが少なく、背景の壁紙ってあんまり見えないんですよ。
アイコンに隠れる壁紙

ウェブサイトやショップのサンプル画像は、アイコンを手動でずらして無理やり空きスペースを作っているけど、これやろとすると、今のUIじゃものすごく骨の折れる作業だし、アイコンの大きさを変えるたびに空けたスペースがずれていき、またちまちまとアイコンを再配置しないといけない。

アイコンの再配置はすげーめんどくさい

テーマによって見栄えのいいアイコンサイズや空けるべきスペースの位置がバラバラなので、テーマごとにアイコンの大きさと位置を記憶してくれるか、複数のアイコンを一度に動かせるようにして欲しいです。
(さらに…)

LINEで送る
Pocket

New Nintendo 3DS発表!

2014 年 9 月 3 日 水曜日

New Nintendo 3DS

驚きの発表。

8月29日に配信されたニンテンドー3DSダイレクト3DSの新ハードが発表されました。

その名もNewニンテンドー3DS

その安直なネーミングとは裏腹にかなりの機能アップが図られています。
(さらに…)

LINEで送る
Pocket

任天堂ハードに願う事

2014 年 7 月 23 日 水曜日

3DSは相変わらず好調だしWii Uもこれから盛り上がっていきそうな感じなので次期ハードの登場は当分先でしょうけど、任天堂大ファンのぼくが、次のハードに求めたい事を書き留めたいと思います。あ、いや、次世代に向けての新しいアイデアなんかじゃなく、単なる現行機への不満点ってだけなんですが。

まず携帯ゲーム機から。3DSはいいハードだと思いますが、大きな不満があります。それは右スライドパッドがないこと。

3DSLL (さらに…)

LINEで送る
Pocket

3DS LL買った

2014 年 6 月 2 日 月曜日

ずっと欲しいな欲しいなと思っていた3DS LL、「3Dアウトラン」が発売されたのを期に、とうとう買ってしまいました。大好きなゲームなので、これだけはどうしても大画面でやりたかったんです。

3DSLL_1

(さらに…)

LINEで送る
Pocket

Nintendo 3DS LL発表!

2012 年 6 月 23 日 土曜日

でっかい3DL。

いつか出ると思ってたけど、マリオと脳トレに合わせてきましたね。なんと画面サイズ1.9倍らしいです。これは欲しい!

http://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2012/120622.html

LL来る時には右スライドパッドを付けてくると予想していたんですが、ボタンの数はノーマル3DLと同じでした。拡張スライドパッドはどうなるんでしょうね。

押しづらかったホームボタンなどがわかりやすい形になってるのは嬉しい。立体視するのに邪魔にならないように上画面の枠は全カラーモデルで黒でしたが、今回LLはホワイトモデルのみ上画面の枠も白になっています。見え方はどうなんでしょうか。というか、従来モデルでも左右の映像が結構ブレて見えることがありましたが、大きな画面になってますますブレて見えるんじゃないかと少しだけ心配。

さて、今回発表されたこの写真みてひとつ気がついたんですが、

3DSと3DS LL

従来モデルにあった画面のテカリがなくなってるんですよ!

あのテカテカのグレア画面というヤツが大っ嫌いで、ノートパソコンも液晶モニタもノングレアタイプ、iPhoneにもノングレアシートを貼っているぼくにとってはこの変更が一番嬉しい!これで画面に映り込んだ自分の顔に焦点が合ってしまい立体視の妨げになるようなこともなくなるでしょう。

ちょっと丸みを帯びすぎている本体デザインもスタイリッシュさに欠ける気もしますが、まぁ年寄り向けの商品なんでまぁ気にしない。

とにかく、でかい立体画面。楽しみです。

LINEで送る
Pocket

北北西

2012 年 2 月 3 日 金曜日

節分ですよっと。
豆撒くと後で掃除が大変だから省略するとして、恵方巻だけ食べたいと、ミーハーな気持ちのみで節分を楽しみます。

ちょっと実験的に今日はNintendo 3DSで撮影した3D写真を掲載してみたいと思います。3DSでこのページにアクセスして、下のサムネイルをクリックしてみてください。

恵方巻を食うおっさん

▶3D写真はこちらをクリック!(3DSでのみ御覧になれます)

LINEで送る
Pocket

3DSが我が家にやってきた

2012 年 1 月 27 日 金曜日

ずっと欲しかったNintendo 3DSを、顎髭メンバーであるジョニー、みぞひげ、吉田麻衣、ミキサールームでいつも頑張ってくれているAy@、つつしみ太郎の皆さんから誕生日プレゼントとして頂きました!

ついに3DSを手にする

まぁ正直、誕生日直前の放送なのでなんかしらサプライズはあるんだろうと薄々感じていましたが、予想を遥かに上回るドデカホーン級サプライズでした。とても嬉しかったです。みんなありがとう!!

しばらくは顔シューティングやったり、ゲームの体験版をどっさりダウンロードして楽しんでましたが、3D立体視に引き込まれっぱなしでした。

3DS

まぁ、すぐブレて見えずらくなる時はあるし目は疲れるし、まだまだ技術的に発展途上な部分も否めないですが、やっぱり1次元分情報量が増えるというのはスゴい事です。3Dポリゴンで描かれた空間において、奥行きの距離感が掴みやすくなるというのは、視覚的な驚きだけに留まらず、ゲームのプレイ感そのものを変化させます。映画「アバター」などの3D映画を観た時にも思ったけど、最近の3Dはただ単に「飛び出てびっくり〜」みたいな飛び道具ではなく、空間認識能力を向上させる手段になってるんですね。

今日、発売日に買ったままだった「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」をプレイしてみました。64時代の独特のモケーっとした色合いはなく今時のちょっとギラギラした色合いにアレンジされていますが、あの何十時間も過ごしたあの世界が目の前に広がり感動。ヌルヌル30フレームで動くだけでもう感動です。

ゼルダの伝説 時のオカリナ3D

散々言われていることですが、3DSの立体視は目の前に飛び出てくるというよりは、画面の奥行き方向が広がる感覚です。携帯機のちっこい画面なのでどうしたって迫力という点では欠けますが、この画面の中に広がる世界を覗き込む感覚は独特で面白いです。

冒頭のデクの木様の内部からボスまでプレイしましたが、箱庭感をたっぷり堪能しました。ただ興奮して操作していたからか、途中で3Dボリュームスライダを無意識にいじってしまったらしく、迫力のボス戦をずっと2Dでプレイしていました。クリアしてから気付いた(´・ω・`)

3D SLIDER

LINEで送る
Pocket

Nintendo 3DS大幅値下げに驚く

2011 年 7 月 30 日 土曜日

任天堂としては異例中の異例ですが、3DSを発売して半年も立たぬうちに値下げをすると発表がありました。

http://www.nintendo.co.jp/info110728/index.html

2万5千円から1万円も下がって8月11日より1万5千円になります。この大幅な値引額は相当なインパクトがあったようで方々でいろいろな報道がなされています。

そもそも早すぎる値下げに加えて、3DSの新色が発売されて1ヶ月での値下げというタイミングの悪さも相まってネット上では批判的な意見も数多く見受けられました。

こんなことなら最初から2万円とか19,800円とかで売っておけばここまで叩かれなかったのにとは思いますが過ぎたことを言っていてもしょうがない。これから年末商戦に向けて闘っていくためには今動かないとダメなわけで、このままバーチャルボーイのような末路を迎えたくないという気迫、悪く言えば必死さは痛い程伝わってきました。実際中途半端な額ではなく、1万円という思い切った値引きは、批判も多く生みましたがその分宣伝効果もかなり大きいんじゃないでしょうか。

充分とは言えないかも知れないけど値下げ前に購入したユーザーへの配慮がきちんとあったのは高く評価出来ます。このへんはさすが任天堂という感じですね。

ここんとこ苦戦続きの任天堂ですが、ソニーやマイクロソフトのお手本としてこれからもゲーム業界のリーダーシップをとってもらわないと業界全体が廃れてしまうので、なんとかもちなおして欲しいです。

もっとも、山内前社長の言葉を借りるまでもなく、ゲームはハードではなくソフトがすべて。安かろうが高かろうが欲しいソフトがないことにはハードは売れません。革新的で楽しいゲームをたくさん用意してほしいですね。あ、もちろん古参のゲームファンとしては「時のオカリナ」「スターフォックス64」に続く過去の名作リメイクも期待してます。「ムジュラの仮面」と「ブラストドーザー」はぜひ!

LINEで送る
Pocket

Nintendo Wii U発表!

2011 年 6 月 8 日 水曜日

うおぉ、ついに発表されましたよ今回のE3の目玉中の目玉、任天堂の新しい据え置き型ハードです。その名もWii U

Wii U

事前にいろいろ噂されてた内容は当たってないと思ってたんですが、液晶タッチパネル、インカメラ内蔵とほぼ情報通りでしたね。クラシックコントローラーをでっかくしてタッチパネルをはめ込んだ想像図を作った人も居ましたがまさにドンピシャ。

Wii U2

おお、なんかカラオケのリモコンみたいですなー。WiiリモコンはテレビやDVDのリモコンと違和感なく触れるようにというデザインコンセプトでしたが、今回はカラオケ世代の若者にも違和感なく触れるようにということなのかな?(笑)

結構重たいんじゃないかという不安もありますが、据え置き型ゲーム機の新しい形を提示した任天堂はやっぱりスゴいです。メイン画面の遅延なきストリーミングや、DSのようにサブ画面としても使える液晶画面、さらにジャイロも入ってるということなので、ハンドルになったり潜望鏡になったりいろいろ幅が広がりそうです。さらにはコアゲーマーも安心の左右アナログスティク(スライドパッド)。

スペック的には現行の他機種に特に勝る点はないみたいですが、1080p、HDMI出力と必要十分な機能は抑えてます。やっとこさPCMリニア 6CH出力のサラウンドに対応したのはサウンド重視のぼくには嬉しい限り。でも光端子はなくてHDMIからの出力のみということらしいのでとうとうテレビもAVアンプも買い替えなくてはいけなくなりそうです。

久々にドキドキワクワクするハードですね。でも大事なのはハードよりソフト。ということで紹介されたソフトウェアラインアップは、ロスで開催しているE3での発表ということもあって外国人好みのタイトルが中心になっていましたが、アサシンクリードが入っていたのは嬉しいな。Miiで遊べる2Dマリオも出るようです。

詳しいスペックや映像などは任天堂E3特設サイトからどうぞ。

» http://www.nintendo.co.jp/n10/e3_2011/index.html

(さらに…)

LINEで送る
Pocket


読変日記 is proudly powered by WordPress
投稿 (RSS)コメント (RSS)