読変日記 -DocHEN Diary-

作曲家・プロデューサー細井聡司の日記やら駄文やら。

‘iPhone’ タグのついている投稿

Siriさんの呼び出し方

2015 年 5 月 20 日 水曜日

「Hey Siri」でSiriが起動するのはとても便利で、カレンダーにイベント追加したり空模様を訊ねたり音楽再生したりタイマー設定したりと活用してますが、さすがに「Hey Siri」と声出すのは恥ずかしい。

もうちょっと日本人に言いやすい名前や呼び方にカスタマイズさせてくれませんかね。

「ちょっと初恵さん」とか「あのーすいませーん」とか「おいオマエ」とか。

LINEで送る
Pocket

Lightning to USB Camera Adapter

2015 年 1 月 31 日 土曜日

iPadとカメラなどのUSB機器を繋ぐApple Lightning to USB Camera Adapter

Lightning to USB Camera Adapter 箱

実はこれがiPadだけでなく、iPhoneでも使えるという報告があちこちであり、iPadに対応した演奏用USBキーボード(鍵盤)も、電源を別途供給することでiPhoneで使用可能ということを知りました。ただし動くのはiPhone 5S以降の機種。ずっとiPhone 5だったので試せていなかったのですが、iPhone 6への機種変更を機に買ってみました。

Lightning to USB Camera Adapter

使ったのはKORG nanoKEY2です。一緒に電源供給用のセルフパワー対応のUSBハブも購入。モバイルバッテリーからハブに電気を送る為のケーブルも買って完全なるモバイル環境構築です。ほんとは電池駆動するUSBハブがあればもっとスマートなんですが。

USB HUB

では早速繋いでみます。そこでふと、iPhone 6だっからもしかしてUSB機器に充分な電力を送れるのではないかと思い立って、USB HUBを介さず駄目元でいっぺん繋いでみます。

Lightning to USB Camera Adapter と iPhone

おおお、あっさり認識した!そして演奏できた!!他のキーボードだとどうかはわかりませんが、少なくともnanoKEY2ではハブいらずで直接繋がる事がわかり、これで歴代最軽量作曲セットの完成です!

もともとiPhone対応を謳っているIK MultimediaのiRig KEYSなども惹かれるんですが、nanoKEY2は普通のカバンに入る携帯性が何より魅力。まぁiPhoneの小さい画面じゃ本格的な作曲・編集は難しいでしょうけど、iPadがあればそこそこのもの作れるようになるんじゃないかな。iPadますます欲しくなったなぁ。

LINEで送る
Pocket

クリスマスに来た脱獄Tweak

2014 年 12 月 25 日 木曜日

メリークリスマス!

ということで、それどころではなくコミケの準備で目が虚ろになっている細井ですコンバンハ。

iOS 8の脱獄環境もだいぶ落ち着いてきて、iOS 7時代の利便性・安定性を取り戻しつつありますが、唯一、iOS 7以前から愛用していたのにiOS 8版がまだ出ていない便利Tweakで、Auxo 2というものがありました。コントロールセンターとAppスイッチャーを統合するという機能拡張で、ホームボタンを押す事なく指を下から滑らせるだけでぬるぬると操作できるのが非常に心地よかったのですが、ついに、このクリスマスの今日、Auxo 3としてiOS 8対応を果たしました。これは嬉しいクリスマスプレゼント。

Auxo 1または2からのアップグレードが$0.99ということで早速購入(通常価格$2.99)。

これが目玉のMulti-Center。コントロールセンターとAppスイッチャーの見事な融合です。
Auxo3_1

コントロールセンターが場所取らないように余計な要素が隠されていたり、下のランチャー部分がちっちゃくなったりしてます。デフォルトだとこのランチャーすら隠れてて、指で持ち上げて出すようになってました。ぼくはライトやタイマーなどすぐ使いたいので常時表示するように設定を変えました。

音楽を再生するとランチャー部分がシークバーに早変わり。
Auxo3_2

曲名部分をタップするとジャケット画像が画面いっぱいに表示されます。曲名部分長押しでミュージックアプリへ移動できます。

ジャケット表示していない時も、曲送りボタンを押して曲が変わった時に一瞬だけジャケット画像が表示されます。なかなか使い勝手がよいです。

AirDrop、AirPlayのメニューは上部スイッチ部分を指でスライドさせると出てきます。頻繁に触る部分じゃないので普段見えないのはいいね。
Auxo3_3

曲演奏中はシークバー部分をスライドさせるとランチャーが現れます。
Auxo3_4

 

なお、曲演奏中とそうでない時でランチャーの表示させ方を細かくカスタマイズできます。ランチャーを数秒表示させた後自動でシークバーに切り替える、とかお好みで挙動を変えられます。

さて、Auxo 3にはMulti-Center以外にも便利な機能があります。ひとつはQuick Switcher。
Auxo3_5

 

画面左下から指をスライドさせると簡易スイッチャーがぬるっと出てきます。そのまま指を左右に滑らせて目当てのアプリを選び、指を放すとアプリが切り替わります。これすげー便利。Appleが時期iOSで盗むんじゃないかというくらいiPhoneらしい挙動になっています。

最後は地味ながらこれまた便利なHot Corners。

Auxo3_6

画面右下から指をスライドさせるとアプリを閉じることができます。これも指に合わせてひゅるーっと画面が小さくなっていく様が気持ちいい。途中で指を戻せば終了をキャンセルすることも可能。

これら全ての操作がホームボタンを押す事なく指をスライドさせるだけで行えるのです。一度味わうとやめられません。

素敵なクリスマスでした。さて、CD焼き作業に戻るか。

 

LINEで送る
Pocket

iOS 8.1.1 JailBreak

2014 年 12 月 7 日 日曜日

iOS 8.1.1でWiFi周りのバグも取れて、全体的なパフォーマンスも改善されているというので、8.2が来てしまう前に我がiPhone 5を脱獄(Jailbreak)してみました。年々やりやすくなっていくJailbreak。しかしながらそれなりの覚悟とトラブルを回避できるスキルのない方にはお勧めしません。

ちなみに現在iOS 8〜iOS8.1.1までJailbreakできるのはTaiGJBreakというツールです。
http://www.taig.com/en/

ちょっと前までの脱獄ツールといえばPangu(iOS 8〜8.1まで対応)というこちらも中国製でしたが、最近の中国勢はすごいです。中国製なのでウィルスやスパイウェアが心配ですが、一応著名ハッカーさんから安全であると保証されています。

さて脱獄するにあたり躓きやすいポイントがいくつかあります。

・iOS 8.1.1へのアップデートはiPhone単体でのOTAを使わず、PCに繋いでiTunesから行う。バックアップもiCloudではなくiTunesに。
iPhoneをPCに接続した時に自動的に起動するアプリはその設定をオフにしておく。iTunesやDropBoxですね。脱獄工程の途中で起動して処理がバッティングする恐れがあります。
iPhone側のパスコード、iPhoneを探す、自動ロックはオフにしておく。同じく脱獄工程の途中で失敗する恐れがあります。

まずはiOS 8.1.1にアップデートすることろから。今までは脱獄環境からいったん入獄してアップデートする時にいつもiTunesが不明なエラーを吐くので、DFUモードにしていっかい新しいiPhoneとしてまっさらな状態にしてから脱獄→復元という工程を踏んでいたのですが、今回はなんと脱獄iOS 7.1.2からいきなり入獄iOS 8.1.1にアップデートできました。入れたアプリ(脱獄アプリ以外)も設定もそのまま。どえらい時間のかかる復元をしなくて済んだだけでも相当楽です。

いよいよ脱獄開始。TaiGJBreakを立ち上げます。今のところMac版はないのでぼくは仮想環境からWindowsを立ち上げました。2つあるチェックボックスの下の方をオンにしていると余計なアプリを入れられてしまうので外しておきます。あとはスタートボタンを押して待つだけ。5分もかからず終わりました。

tutor-en-2

脱獄はiPhoneをまっさらな状態にしてから行うのが一番安全と言われていますが、環境の再構築は大変なので初期化せずに脱獄完了出来たのはすごく嬉しい。

さて、脱獄アプリやTweakは再度入れ直さないといけません。それでもiPhoneを初期化していないのでCydiaに入れたリポジトリの情報や、各脱獄アプリ、Tweakの設定ファイルは消されずに残っています。インストールだけしていけば元の環境に戻ります。

今回入れたのはこちら。だいぶ吟味して整理したので昔に比べてずいぶん少なくなりました。

Activator … 様々なジェスチャーに動作を割り当てる
Apex2 … アプリアイコンの下に別のアプリを格納し、スライドして起動できる
AskToCall … 電話をかける際、確認ダイアログを出す
CCQuick Pro … コントロールセンターの機能を拡張
f.lux … 時間に合わせて自動で画面の色温度を調整し目への刺激を緩和
FakeCarrier … キャリア表示をカスタマイズ(SoftBankは長いので〓にしてます)
iFile … 高性能ファイルブラウザ、ビューアー(脱獄のマストアイテム)
KeyShortcut Pro … 特定キー長押しでコピー&ペーストや任意の文字列を入力
LastApp … 直前のアプリに戻る動作をActivatorに追加する
MobileTerminal(iOS7) … iOS版ターミナル。パスワードを変えるのに使います
NoGrabber … フルスクリーン時も一発でコントロールセンターや通知センターを出す
SendDelay … メッセージ送信に数秒のキャンセル可能時間を追加
SmartBatteryPercentage … バッテリー残量が少なくなった時だけ残量を数値で表示
SSPatcher iOS 6 & 7 & 8 … ミュート時にシャッター音を鳴らないようにする(リポジトリ: http://willfeeltips.appspot.com/apt/)
StatusModifier … ステータスバーに日付や曜日などを表示
statusvol 2 … 音量レベルをステータスバーに表示(リポジトリ: http://apt.steverolfe.com/)
SwipeSelection Pro … キーボードスワイプでカーソル移動、選択範囲調整

iOS 7時代に使っていたものでまだiOS 8に対応していない便利TweakにAuxo 2(スイッチャーに機能を追加)がありますが、こちらは12月中のリリースがアナウンスされているのでそれまで待ちです。

最後にiOS 8を初めて使ってみての所感など。iPhone 5でも重い、モッサリするととにかく評判の悪かったiOS 8ですが、iOS 8.1.1で改善されたようで、使っていて引っ掛かりなどはなく、ストレスなく使えてます。まぁ、iOS 8で便利になったのはせいぜいシェアシート、通知センターのウィジェットくらいでたいした感動もないんですが、最新のOSという安心感と、iPhone 6買った時のための予行練習ということで…。

ShareSheetWidget

LINEで送る
Pocket

iRig HD/PRO iPhone 5以降でも使えるAudio I/O

2013 年 10 月 10 日 木曜日


IK MultimediaからiRig HDが発売され、iPhone用オーディオインターフェイスでついにLightningコネクタに対応を果たしましたが、間髪を容れずiRig PROという商品を投入してきました。

iRig HDはギター/ベースに特化したオーディオインターフェイスですが、iRig PROはマイク入力、MIDI入力にも対応。

両者ともコンパクトでバスパワー駆動するのが魅力ですが、PROで48Vのファンタム電源にも対応しますがその場合は9Vの角型乾電池を入れる必要があるとのこと。

iPhone用のオーディオインターフェイスは欲しかったんだけど、Macでも使えるのは魅力的。ちょっとしたレコディングならこれで済ませられそうですし、ライブでも使えそう。

今ライブに持っていく用にM-AUDIOのFW410というオーディオインターフェイスを使ってるんですが、コンパクトなわりに結構重い(あとFireWire-Lightning変換コネクタを忘れがち)。ギターやボコーダー用マイク+Macくらいの構成のライブだったらiRig PROで充分賄えるかも。いやそれくらいだったらMacじゃなくてiPadでもいけるか。荷物がコンパクトになるのは嬉しいなぁ。

ただ、MacからのサブアウトをKAOSSPADなんかにルーティングして更にそれをリターンしてミックスする、みたいな使い方だとMOTU MICROBOOK IIくらいのスペックは欲しいですねー。つかMICROBOOK II欲しいです。あれが電池駆動でもいいからiPhoneiPadに対応したら完璧なんだけどな。

ところで同じくIK Multimediaから発売中のキーボード iRig KEYSですが、別売りのケーブルが必要ですがLightningにも対応しました。これで同社の主要なモバイル製品がケーブルの差し替えだけでMac、Windows PCに加えDockコネクタからLightningコネクタまでの全てのiOSデバイスに対応しました。これは素晴らしい。欲しい!その前に早くiPad欲しいぃ。

LINEで送る
Pocket

iOS 7きた

2013 年 9 月 19 日 木曜日

iOS 7がいよいよ配布開始されましたね!MacOSならばさすがに新しいものをすぐ入れるのは躊躇するんですが、iPhoneなら少々不具合出ようが別に仕事に支障はないし、脱獄ももうしてないから古いOSに固執する必要もないし、ということで配布当日の今日早速インストールしてみましたよ。しかも今回は初めてiTunes経由ではなくiPhoneオンリーでやってみた!

アップデートは簡単。設定アプリからソフトウェアアップデートを選び、ひたすら待つのみ。

iOS7_Update1iOS7_Update2iOS7_Update3

勝手に再起動されますが、さらに待ちます。

iOS7_Update4

起動画面きた!滅多に見ることはないであろうスタートアップ画面です。今までは黒基調だったけど、白いですね。

iOS7_Update5

設定アプリを開いてみた。おお、フラットデザインになっております。そして白いです。

iOS7_Update6

ぼくの1ページはこんな感じ。

iOS7_Update8

(さらに…)

LINEで送る
Pocket

iPhone 5修理した

2013 年 9 月 15 日 日曜日

これまでのあらすじ。

5月に買ったばかりiPhone 5をアスファルトに落っことし、前面のガラスが破損するというショッキングな事故が起きた。

iPhone 5ガラス破損

そもそもiPhone 4sの本体代金の支払いも終わってないのになぜiPhone 5を買ったのかと言いますと、これまた自分自身のありえない不注意が原因。JailBreak状態のiPhone 4sを起動不可能な状態にしてしまい、やむなく初期化→入獄状態へ。

(さらに…)

LINEで送る
Pocket

iPhone 5c発表!

2013 年 9 月 11 日 水曜日

iPhone 5c

iPhoneの廉価版が出るというのは以前からずっと言われてましたが、ようやく出ましたその名もiPhone 5c。16GBモデルで$99ということで、これは2年縛りでの割引適用後の価格でしょうから、そう考えると安いっちゃ安いけど、驚きの価格というほどではないかな。

ただ中身はiPhone 5と同じスペックとのことなので、決してショボいiPhoneという感じではなく充分すぎる性能を備えています。二世代前のiPhone 4sも併売するみたいなんで、位置付け的にはミッドレンジということか。

A6

プラスチックの筐体は思いのほかダサくもなく、安っぽくもなっく、いやむしろちょっとかっこいい。カクカクして持ちづらい4以降の形に比べ丸みを帯びた5cのデザインは持ちやすそうだしカバンやポケットから出す時もすぐに向きがわかって使いやすそうです。あと細かいとこですけど、本体のカラーと画面の壁紙のカラーに統一感を持たせてあり、ちょっとしたことですがトータルのデザインバランスが素晴らしい。このあたりはさすがAppleのお家芸というところか。

本体とiOSのカラー

3,000円もするカバーも出すみたいですが、なかなかオサレな感じですね。同じ色を合わせてもいいし、違う色を合わせてもかっこいい。昔talby使っててああいうの好きなんですけど、似たような魅力を感じます。

blue_pinkyellow_greenblue_blacktalby

あとソフトといえば、これはiPhone 5s、5c両方についてですが、iWorksなどのApple制アプリが無料で付いてくるそうです。iMac買ったらiLifeがプリインストールされてるみたいな感じですな。GarageBandがリストに入ってないのは残念だけど、iWorksシリーズは結構値が張るのでこれは嬉しいですね。

 

充分なスペックとオサレなデザイン、価格だけは残念ですが、若い人には受けそう。iOS 7も楽しみですね。

LINEで送る
Pocket

iPhone 5s発表!

2013 年 9 月 11 日 水曜日

iPhone 5s

iPhone 5sそして廉価版iPhone 5cが噂通り発表されました。これまた噂通りdocomoからも発売されます。今までのdocomoの出る出る詐欺にはうんざりしてたんですけど、シェア奪還を図りたい考えるApple と、MNP流出に歯止めをかけたいdocomoの思惑が一致したんでしょうか。ともかくdocomoユーザー、とくにdocomoでスマフォを使いたい人には何よりも朗報でしょう。全キャリアともで、13日午後4時から予約受付、20日から発売開始だそうです。

5月にiPhone 5に機種変したばかりなのに先日落っことしてガラスを割ってしまった可哀想なぼくにとって、2万近い金払って修理するのか、7万だして新発表の5sに機種変するのか、それを見極める大事なプレゼンが昨夜に行われました。まぁ開始時間ちょうどに寝落ちしてしまったんですけど。

64bitA7チップ搭載、指紋認証、スローモーション動画撮影、ゴールドカラー等、リークされていた情報はだいたいそのまま発表されていて新たな驚きはほとんどありませんでした。ちょっと前に「指紋認証のパーツの分、ホームボタンが盛り上がった形状になる」というリーク情報があってそれはダサいなと不安に思っていましたが、実際にはフラットな形状+リングという形になりましたね。くぼんだボタンではなくなったけど、リングがある分これまでよりボタンの位置がわかりやすくなったかもしれません。

新ホームボタン

そもそも指紋認証にとくに魅力は感じてなかったけど、App Storeの認証などにも使えるということでこれはすごく便利かも!ビデオを見る限りホームボタンを押すと今まで通りのホームボタンとして挙動し、触れるだけだと指紋認証が働くみたい。これ、iOSが脱獄されてタッチ動作がカスタマイズできるようになると便利になりそうですね。

Touch ID

ぼくが一番惹かれているのは秒間120コマのスローモーションムービーを撮影できる機能です。120コマじゃミルククラウンとか割れる風船とかを撮るにはちょっと足りませんが、なんでもない動画でもスローにするだけでドラマチックかつアーティスティックになるもんです。PV撮影とかに威力を発揮しそう。カメラ自体も順当な進化を遂げていて、より明るくくっきりした写真が撮れそうです。バカみたいに無駄に画素数を上げなかったところもバランスいいですね。

A6チップより2倍速いというA7とは別に搭載される新しいM7というモーション・コプロセッサーも気になります。メインCPUに負担をかけることなく、モーションセンサーやコンパスなどの情報をひたすら記録し続けるそうな。これは地図系アプリやフィットネス系アプリに役立ちそう。

A7M7

カラーについてはこれもおおかたの予想通り新色であるゴールドと、シルバースペースグレイの3色展開。iPhone 5で最初に2トーンカラーになった時はあまり評判良くなかったけど、全部ツルツルの4sよりマットな感じが上品で好きです。ゴールドも下品な色じゃなく、女性受けしそうなおしゃれな色合いですね。あと歌舞伎町のホストとかが持ちそう(笑)

color_goldcolor_silver color_black

意外にもiPhone 5に比べわずかですがバッテリー駆動時間が延びて通話10時間、待ち受け250時間、インターネット利用は10時間となってます。このパワーで電池持ちがいいのは嬉しいですね。あとはいつも公表されないメモリ搭載量が気になるところ。iPhone 5の1GBで困ることはほとんどなかったから今回も一緒だとは思いますが。

今のところ購買意欲がバリバリ沸き出しているところですが、どちらにせよしばらくは品薄で買えないだろうから、初期ロット購入組の反応を見てじっくり考えようと思います。

なお日本での販売価格はまだ発表されていませんが、アメリカでは2年縛りの条件下で、16GBが$199、32GBが$299、64GBが$399となっております。iPhone 5の時と同じなのでおそらく日本の販売価格も5の時と同じくらいになると思います(円高分の値上げはあるかも)。

LINEで送る
Pocket

iPhoneのキーボード

2013 年 9 月 8 日 日曜日

iPhoneのキーボード、英語モードではタイプミスを防ぐため、辞書を参照しながら次に打つ文字を予測して、その文字部分の当たり判定を他よりでかくするなんていう細かいプログラムが動いているらしいんだけど、日本語では機能しないんだよなぁ。

ぼくのクセなのか「で」を「dw」、「す」を「sy」と打ち間違えちゃうことが多いんだけど、こういうの次を予測して対応して欲しい。

つか日本語でローマ字入力してるぼくって少数派なの?

LINEで送る
Pocket


読変日記 is proudly powered by WordPress
投稿 (RSS)コメント (RSS)