【レッカ×ウユ×スズカ トリプルレコ発ライブはどんなイベント?】

6月3日(日)に開催されるライブイベント「レッカ×ウユ×スズカ トリプルレコハツライブ!!」に出演する片霧烈火Uyu(ACRYLICSTAB)中原涼の3人と主催の細井聡司を迎えてライブへの意気込みなどを聞きました。インタビュアーは同ライブでパーカッションを担当する阿嘉彩が担当しています。

Interviewer:阿嘉彩(ViVi BaBoo)

【トリプルレコ発ライブと新作の聴きどころは!?】

彩:
さて、では最後にライブに向けての意気込みと、新作の聴きどころを教えてください。
烈火:
今回はとにかくボーカル達のコラボレーションが1つの肝だと思っています。
みんなに負けないように、でも、みんなの魅力を壊さないように、うまく溶け込んで頑張ろうと思います!陰に日向に!
新作の聴きどころは…。多分ぼくは、この3人の中で一番エグイものを作りたがると思うんです。人間の暗いとか怖い部分が好きで。それで、「人間の欲望」にフィーチャーして、作り上げたのが今回の「秘咒庭(ひじゅてい)は万華(ばんか)の欲望(ゆめ)ひらく」のアルバムです。
細井さんの美しいメロディーに乗せて歌うボーカルがおどろおどろしかったりとか、キャラクターをうまく変えて人の欲望を表現したつもりです。
美しさとおどろおどろしさを細井さんと私で作るとどうなる?っていうマリアーーージュ!!!
一同:
(笑)
細井:
あと、物語が絡んでいるっていうのも今回あるよね。
烈火:
そうそう物語性が強いです。
細井:
そして、真骨頂かなと思います。物語と音楽が融合されているのは、映像音楽を作っているようなもんですよね。
烈火:
今回は、コンセプトとどんな物語かを最初に細井さんに渡したんです。それで曲を書いてもらって、その後にぼくが小説を書きました。みなさんには、その小説を読みながら、曲を聴いていただいて「あぁ、こんな欲望にまみれてかわいそう」とか感じてもらえたらと思います。
音楽にとどまらない、物語の奥深も伝わったらいいなと思いますね。
彩:
聴いて、読んで、2倍楽しめるんですね!!!
あと、個人的になぜ「人間の欲望」に興味があるかというところに興味があります!
烈火:
基本的にぼくは性善説を信じてるんですけど、すごい人間って汚く、醜いなとも思うんです。
「みんないい人だし、優しいし、素晴らしい」と思う自分も、「いや、そんなの絶対嘘」と思う自分もいる。それを、作品にしているんだと思います。だから、作るお話はだいたい悲惨で、大抵誰か死ぬ(笑)
細井:
でも、今回のアルバムの最後の曲は救いがあるよね。僕は、「この子、最後には助かって!!」って願いながら曲を作ってました。
彩:
そんな願いのこもった作品を、ぜひたくさんの方に聴いていただきたいですね!
では、Uyuさんお願いします。
Uyu:
意気込みは、この3人娘の三女として、どうこの2人のお姉様方の面白さを爆発させようか、どこで、涼さんに無茶ブリをしようか…。
涼:
やめてーーーーーー!!!
一同:
(笑)
Uyu:
あと、MCで細井さんとも、バンドメンバー、バイオリンのMarinaさんとも絡みたいです。聴きに来てくださったみなさんに、誰かボーカル1人だけではなく、みんなで作り上げたんだよっていうのを、会場オープンの開始1秒から最後の1秒まで感じてもらって、悲しんで泣いて、喜んでキャッキャして、体力エンプティーになるまで満喫してほしいです!声も煽っていきますので応えてくださいね!
あと、私の楽曲では、以前、細井さんと「ELECTRIC GIRLFRIEND」っていうエレクトロなアルバムを作ったんですが、その中の「Drastic Girl」という曲のリミックスアルバムをリリースします。
リミキサーは、石田雅彦さん、川田宏行さん、TECHNOuchiさん、中潟憲雄さん、細井聡司さん、ヨナオケイシさんです。ちなみにこれはお名前の50音順なんですけどね♪
細井:
ゲーム音楽界の重鎮達ですよ。
Uyu:
ナムコのコンポーザーさんのライブにお呼ばれしてゲスト出演した時に出会った方を通して実現したんですけれど、今回は、普段私が活動しているACRYLICSTAB(アクリルスタッブ)というバンドのロックな感じとは違って、細井さんの企画ということで、ガラッと変わってエレクトロな、そしてアンビエント(・テクノ)な、でも、キュンが入った楽曲になっています。そして、大音量で踊れる感じになっています!
CDの聴きどころは、6名の作曲家が私の声をどうイジったか、あと、細井さんのちょっと難しいコードをさらに難しくしちゃったらしいので、そこもどうなったのか聴いていただきたいです。
そして、どの曲もドライブで聴いていただくと、とても気分良く走りたくなると思います。高速道路とか、誰もいない海ほたるとか、いいんじゃないかと思います。
彩:
わぁ〜!正に、どんな場面で聴くのがおススメ?って聞こうと思っていたから、それが通じたみたいで嬉しいです!
Uyu:
そう。ぜひぜひ、車を持っている方はドライブで、持っていない方は電車でも、ゆりかもめとかの風景を見ながらもいいし。
細井:
具体的〜(笑)!
涼:
大江戸線はダメですか?
Uyu:
うーん、地下鉄はちょっと景色が見えないから…。
細井:
外房線はダメですか?
Uyu:
ギリギリ…(OK)。
細井:
アリなんだ(笑)
彩:
外房線は、ゆっくり走るイメージがあるけど…。
Uyu:
アゲアゲな曲もありますけど、ちょっと落ち着いた感じの曲もあるので合うと思います。
それに、いいお酒が飲める作品ですよ!
今度、参加されたリミキサーさんと、全員の曲を爆音で流す打ち上げをしたいと思っております。みなさんには、ぜひ、レコ発なので今回の6/3のイベントにお祝いにいらしていただきたいです!
彩:
そうですね!お祝いですね!
では、最後に涼さんお願いします。
涼:
私の声がバラードに合うということはあるんですけど、その中でkisekilayは特に風景描写を念頭に置いた曲が多いです。だから、ライブでは風景を思い浮かべながら、私のパートが休憩だと思って聴いていただけたらと思います。
一同:
休憩〜って…(笑)
彩:
烈火さんの曲で泣いて、Uyuさんの曲で踊って、涼さんの曲で一旦ゆったりできるんですね。
涼:
ちょうど、休憩しながらゆったりと当日限定のオリジナルカクテルを飲んでいただくのに良い時間になりますよ。
そして、kisekilayが風景描写とバイオリンが入ることをコンセプトにしているので、それを楽しんでいただきつつ、バンドメンバーは、このところいつもお願いしているメンバーで、私が安心して歌っていると思いますので、気負わず聴いてください(笑)
CDはタイトル曲が「Blue forest」で、カップリングは「Dress in Blossom」。正に自然の描写をイメージした2曲です。例えば森深い公園とか…。あとはね、マジックアワーってあるじゃないですか。夕方の…、
細井:
ビールが安くなる時間帯?
涼:
それは、ハッピーアワー(笑)!よく行くけど!
マジックアワーは、夕方のまだ日が落ち切っていないけれど街灯がつき始めて、キラキラしている時間のことで、今度の新作もそんなイメージ。
色の変化があるような風景の中で聴いてほしいと思います。
彩:
曲そのものの中にも、色の変化を感じるのかしら?
涼:
そうですね。他にも前作の「glow」は青から赤への変化をイメージしてたり、「ladybird」は、真っ赤なてんとう虫が空に飛んでいくイメージで、自然の中にあるビビッドな色をイメージすることを大切にして曲を作っています。
Uyu:
そんなこと考えたことなかった…。
烈火:
ぼくなんか、テーマが「おどろおどろしい」だよ!
一同:
(笑)
涼:
そういうわけで(!?)、風景の中にあるビビッドな色をイメージしながら聴いていただけたらと思います。
細井:
そうそう。CDジャケットを高尾山に撮りに行ったりしたんだよ。
彩:
ジャケットでも風景を楽しめるんですね!
風景をテーマにしている中には、原風景があるんでしょうか?
涼:
私自身が、山奥で生まれ育ったので、小さい頃から見ていた風景を曲の中に反映できたらと思って作っています。
それに、細井さんも映像音楽が原点であることもあって、細井さんの曲を聴いた瞬間に、まず色が浮かんで、それから、「この色は何だろう?」って考えて歌詞を書いています。特にkisekilayの曲はそうですね。
私には私の原風景があるけれど、誰にでもその人にとっての原風景ってあると思うので、みなさんの原風景を思い浮かべて、しかもカラフルに思い浮かべてもらえたら面白いかなと思っています。
Uyu:
北海道の曲はないなぁ(← Uyuは北海道出身!)。
烈火:
ぼく、血生臭いのばっかり書いてるけど、それが原風景だったら嫌だなぁ。(←バイオレンスとホラーな映画を見て育った残念な幼少期)
一同:
(笑)
細井:
それぞれの作品を一言で言うと、烈火さんは「欲望」、Uyuさんは「海ほたる」、涼さんは「色と原風景」だね。
涼:
海ほたるは、もうちょっと上手いこと言えるんじゃ…?
彩:
ドライブしながら聴くのがおススメっていうことなので、爽快感とか体感覚を大事にしていそうですよね。
涼:
そうですね。そもそも、音楽は体感覚ですよね。聴覚はもちろん、振動を感じたりとか。特にライブは五感全部使うと思うし。
Uyu:
このタイプの違う3人の曲を聴いて、五感全部を使ったらすごいことになっちゃいますね。
細井:
のべ15感ですね(笑)
烈火:
味覚も、オリジナルカクテルで満たされるわけですね。
彩:
それぞれのCDタイトルのイメージで作ったオリジナルカクテルがあるんですよね!!私も楽しみです♪
それでは、最後に細井さんから一言お願いします!
細井:
僕の企画なので、僕の曲という一貫性がありつつ、3人の個性があって、統一感のある世界観の中の個性を楽しんでいただけるライブとCDです!!ぜひ、小岩オルフェウスにいらしてください!
彩:
ありがとうございました!笑いっぱなしで腹筋痛い〜(;^ω^)